bY

花咲く春に出会う♪ 「カニとエビ旅」

 

2016SS14月13日から春プランスタートです。

「花咲く春に出会う♪ カニとエビ旅」

今まさに但馬地方は桜が満開です。北近畿自動車道の青垣あたりの何十kmも続く桜並木の素晴らしいこと。

そして 4月中旬には但東町や丹後木津のチューリップ祭り

5月には藤の花で有名な 白井大町藤公園

出石の鉄線寺、高照寺のモクレン、隆国寺のボタン、大屋の水芭蕉、三川山のシャクナゲetc

但馬の高原植物園もギボシの緑が美しく 加えて次々に様々な山野草に出会えます。

但馬の春を満喫してください

「皆様のお越しを心よりお待ちいたしております」

駆け足で春がやって来ました~♪

 

甲羅戯へ GO!GO!冬柴山港「柴山かに」の漁がそろそろ終盤となりました。

今期 「まだ食べてないわ~」「もう一度食い収めしたいわ」

そんな予約で今なお平日も多くのお客様においでいただいております。

皆々様に感謝申し上げます。

今期は 11月6日解禁から4月1日までの営業でラストスパート頑張ります。

*4月2日から4月12日までメンテナンス休館*

4月13日から 【春のおもてなし】にて 皆様のお越しをお待ちいたしております。

Hommage a Paul Bocuse ご冥福をお祈りいたします

 

アビアント~♪

お別れの時
見えなくなるまで手振ってくださいました

Suite a la disparition de Paul Bocuse samedi 20 janvier・・・・

1月21日に突然の訃報が届きました。熱い感情が呼び起きました。

Ecullyのボギュースの料理学校で3年間お世話になりましたからいち早くのお知らせでした。

『ご冥福をお祈りいたします』

料理人の地位の向上とボギュースの料理を後世に残すためにすべてを捧げてこられたと聞いておりました。地位の向上は、料理人の技術や知識はもちろん人としての品格が備わらねばなりません。そちらは無言のうちに彼に接するすべての人々は学ばせて頂いたのだろうと思います。(自分の事はさておいて・・)

学校からの手紙に 「仕事、寛大さ、好奇心、謙虚さ、尊敬と他人の意見を聞く、恒久的な探究心。これらがPaul Bocuseです。見本でありインスピレーションの源である・(略)・未来への遺産の管理人の一人として精神を繋げていこう!」と書いてあります。

劣等生であっても愛情深くいてくださり お別れには見えなくなるまで手を振り見送って下さった世界一の料理人が今でも心に焼き付いております。

ありがとうございました。心よりご冥福をお祈りいたします

YASUHISA  FUJIWARA  &  Family

 

 

 

2018 あけましておめでとうございます 

 

【こまいぬ】でお出迎え 今年もよろしくお願いいたします。

【こまいぬ】でお出迎え
今年もよろしくお願いいたします。

『新年あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願いいたします。』

2018年のお正月はめずらしく雪がまったくありません。

無くて喜ぶ人 無くて残念がる人

人それぞれ感じ方や価値観がちがうのですね。

甲羅戯のご利用際しましても 様々に感じ方が違われるのだろうな~と不安にもなるのですが・・・

清潔・地産地消・新鮮・明朗

2018年もスタイルや志がぶれないように日々努力いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

甲羅戯の楽しみ方は カニのほかにも (^^)v

 

秋 気持ちを込めて♪ あずき柳さん うまく曲がって~

秋 気持ちを込めて♪
あずき柳さん うまく曲がって~

~芸術の秋~

秋は様々な場所で花展が開催されます。

さて この秋は何を活けましょうか♪

考えるのも楽しいものです。

山を散歩~「今年の山帰来は実がついてないな~・・」

畑の渕の椿~「この枝 やっと伸びたのにな~・・」

ムべの蔓・・「あれ どこいった? 藤つる、キュウーイの蔓・・

サンゴミズキもいいな~」なんてね。

香住の文化祭用に奮闘中・・一足お先に構想を甲羅戯で披露中です。